脊柱管狭窄症による足腰の痛み・しびれは坐骨神経痛で神経の圧迫と血流障害が原因

長野寿光会上山田病院/財団大西会千曲中央病院整形外科医師
吉松俊一

高齢者は飛び出した軟骨が背骨を狭窄し椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を合併

[よしまつ・しゅんいち]

日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、日本体育協会公認スポーツドクターとして活躍。主に子どもの肩・ひじ関節、またスポーツ現場で見られる腰痛と遺伝の関連性などを40年以上の長期にわたって研究。さらに、日本屈指のスポーツドクターで、負傷したプロスポーツ選手が数多く治療に訪れ、復帰に貢献している。

 一般的に腰部脊柱管狭窄症(以下、脊柱管狭窄症と略す)と腰椎椎間板ヘルニア(以下、椎間板ヘルニアと略す)の見分け方は、上体反らしによって痛みが悪化するかどうかで判別できます。上体反らしによって、痛みが悪化する場合は脊柱管狭窄症、痛みが軽減する場合は椎間板ヘルニアと考えられます。

 脊柱管狭窄症は、背骨の中を通る脊柱管が狭くなって、神経を圧迫するために起こる病気です。背骨は24個の椎骨が首から腰にかけて積み重なって構成されています。椎骨の中央には穴があいており、つなげるとトンネルのような管状になっていることから「脊柱管」と呼ばれます。

 脊柱管には、脳からつながる神経の束(脊髄や馬尾神経)と、椎骨と椎骨をつなぐ黄色靭帯が通っています。脊柱管狭窄症は、加齢などが原因で脊柱管の周囲の骨が変形したり、黄色靭帯が厚くなったりして、脊柱管が狭くなることで起こります。脊柱管が狭くなると、脊柱管の内部を通る神経の圧迫や神経周辺の血流障害による酸素不足が起こり、足腰が痛んだりしびれたりするようになるのです。

 一方、椎間板ヘルニアは、背骨の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板が外にはみ出し、神経を刺激する病気です。椎間板はとても繊細な組織で、微細な損傷は10代前半から、老化は20代から始まるといわれています。

 椎間板は、バウムクーヘンの中にクリームがつまったような構造をしています。外側のバウムクーヘンが「線維輪」と呼ばれる、薄い軟骨が層になった丈夫で柔軟性のある組織で、その中心に収まっているクリームが「髄核」と呼ばれる軟らかい組織です。

 椎間板に大きな負担がかかると、周辺部分の線維輪が壊れて、中心部から髄核が突出してしまいます。すると、髄核から炎症物質が漏れ出し、腰椎(腰の骨)を通る神経に炎症を引き起こして椎間板ヘルニアを発症し、足腰に強い痛みやしびれなどの症状が生じると考えられています。

 若い人の場合は、弾力性のある線維輪のバウムクーヘンに、髄核のクリームがたっぷり含まれています。しかし、高齢者の場合は、バウムクーヘンのあちこちに亀裂が生じ、中のクリームがすべて外に漏れ出してスカスカの状態になっています。

 髄核がなければ、痛みを引き起こす炎症物質も作り出されません。そのため、高齢者の場合は、椎間板ヘルニアの形態異常があっても、痛みを感じないのが一般的です。

 ただし、椎間板ヘルニアで飛び出した線維輪は、脊椎(背骨)を狭窄して神経を圧迫します。その結果、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を合併し、足腰の痛みやしびれといった脊柱管狭窄症の症状が現れるのです。

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状の違いで代表的なのが間欠性跛行の有無

腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの腰椎部の状態の違い

 脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアによる神経の圧迫によって発生する足腰の痛みやしびれのことを「坐骨神経痛」といいます。坐骨神経は、人体でいちばん長くて太い末梢神経です。腰から骨盤、お尻、太もも、ひざの裏辺りを通って、足先まで伸びています。

 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛は、神経が全体的に圧迫されるため、左右のどちらかの足腰に出ることもあれば、左右両方に出ることもあります。一方、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は、腰椎の神経の出入り口の部分が圧迫されるため、圧迫されている側の足腰にだけ出るのが特徴です。

 脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状の違いで代表的なのが「間欠性跛行」の有無です。間欠性跛行は、歩いたり立ったりしていると、足腰に痛みやしびれ、脱力感などが生じる症状です。炎症によって引き起こされる椎間板ヘルニアの症状とは異なり、脊柱管狭窄症の症状は血流障害による酸素不足によって引き起こされるため、多くのケースで間欠性跛行を伴うことが知られています。

 立った姿勢で神経の圧迫や血流の障害が起こったり、運動に伴って酸素不足に陥ったりすることによって、足腰の痛みやしびれが悪化するものの、少し休むと再び歩けるようになるのが間欠性跛行の特徴です。ほんの数十㍍歩いただけで足腰の痛みやしびれが悪化し、1度座って休まないと再び歩けないという患者さんも少なくありません。