白昼夢が幸福感につながる条件を明らかに

広島大学

2つのタイプで白昼夢の頻度が多いほど幸福感が高い

 広島大学と日本学術振興会との研究グループは、不適応的なものとして捉えられがちな白昼夢が幸福感につながる条件を明らかにしたと発表しました。今回の調査研究の結果、2つのタイプで白昼夢の頻度が多いほど、幸福感が高いことがわかったとのことです。

白昼夢とは

 ふと気がつくと心ここにあらずの状態であったり、目の前の出来事とは関係のないことについて頭の中で空想や妄想をめぐらせていることは結構多いものです。このような状態を白昼夢と呼んでいます。

2010年の研究では

 2010年、ハーバード大学の研究チームは、人は平均すると起きている時間の約半分は白昼夢にふけっているとScience誌に発表しています。また、人が白昼夢にふけっている時間は、幸福感が損なわれていると報告していました。

矛盾を感じて

 起きている時間の多くを占めている白昼夢が幸福感を損ねるということに矛盾を感じていたので、今回の研究では、白昼夢が幸福感を高める場合と損ねる場合があると考えたとのこと。そして、幸福感を高める条件としては、マインドフルネス傾向が高いことと、アニメやゲームの消費が多いことの2つを予想したそうです。

第1の研究

 1つ目の研究では、日本人の成人800人を対象にインターネット調査を行ったとのこと。この調査の結果、2つのタイプで白昼夢の頻度が多いほど幸福感が高いことが分かったそうです。1つは、自分の体験を批判的に見ない傾向の人でマインドフルネスの高い人、もう1つは、アニメやゲームの消費が多い人だったとのことです。

第2の研究

 2つ目の研究では、白昼夢の頻度と幸福感の程度を質問する前に、アニメのキャラクター風の少女のイラストを提示するという実験操作を行ったそうです。これは、アニメやゲームに関する白昼夢が幸福感を高めるという可能性について、より踏み込んで検討するために行いました。実験の結果、アニメ風のイラストを見てから答えてもらった場合、白昼夢の頻度と幸福感に正の関連がみられたとのことです。

白昼夢を有効に活用できる条件を明らかに

 今回の研究では、白昼夢を楽しみ、有効に活用できる条件(マインドフルネス傾向が高いことと、アニメやゲームの消費が多いこと)を明らかにしました。起きている時間の約50%を占める活動であればそれを無くそうという努力よりもむしろ、それを活かすことの方が有益だと考えられるとのことです。