股関節治療の名医が提唱! 「貧乏ゆすり」で変形性股関節症の激痛が消失! 軟骨も再生して人工関節を回避できると話題[足ゆらマシン]

貧乏ゆすりは軟骨に栄養を行き渡らせ変形性股関節症を改善し人工関節回避の期待大

柳川リハビリテーション病院名誉院長 井上明生

温存手術後に股関節のすき間が開かなかった患者さんが貧乏ゆすりを試したら軟骨が再生

 変形性股関節症は、脚のつけ根にある股関節の軟骨がすり減り、痛みや炎症が起こる病気です。変形性股関節症の治療には、大きく分けて次の3つの方法があります。

①保存療法……杖の使用、運動療法、薬物療法など
②温存手術……自分の骨を切って股関節の形状をよくする手術。自骨手術ともいう
③人工関節置換術……変形した股関節をそっくり取り除いて、人工関節に置き換える手術

 私が提唱する変形性股関節症の保存療法は、イスに座って症状のある側の脚で「貧乏ゆすり(ジグリング)」を行うだけです。最初に貧乏ゆすりを患者さんにすすめたのは、2002年8月26日に手術をした末期変形性股関節症のAさん(49歳・女性)でした。「どうしても人工関節をさけたい」といって、わざわざ北陸地方から私の病院がある九州まで来られた患者さんです。そこで、大腿骨と骨盤の温存手術を行いました。

 しかし手術後、股関節のすき間は全然開きませんでした。関節軟骨がまったくできてこない状態だったのです。しばらくようすを見ていましたが、3ヵ月、4ヵ月たってもダメ。そこで、半信半疑ではありましたが、貧乏ゆすりをすすめてみたのです。

 すぐに股関節のすき間が開いた(関節軟骨が再生した)わけではありませんでしたが、その後、徐々にすき間が開き、1年もたつと見事なまでに関節軟骨が再生し、痛みも消失したのです。これがきっかけとなって、そのほかの患者さんにも貧乏ゆすりをすすめるようになりました。

● 温存手術後に再発した股関節症が改善し、人工関節の導入を回避できたBさん(71歳・女性)

 Bさんは右股関節の関節症で、46歳のときに骨盤の骨を切って股関節の形状をよくする温存手術(キアリ手術)を受けました。手術は無事に終了し、術後15年以上、股関節の痛みと無縁の生活を送ってきました。しかしその後、右股関節周辺の痛みが再発し、徐々に悪化していったといいます。

 71歳のときには、右股関節が末期関節症の状態で、痛みも強く、人工関節に置換する手術もやむをえない状況でした。しかし、再度の手術をちゅうちょされたため、私はBさんに貧乏ゆすりをすることをすすめました。

 Bさんはイスに座る機会があれば貧乏ゆすりを行い、自他ともに認めるほど一生懸命に取り組んだといいます。その結果、股関節周辺の痛みが徐々に軽快。股関節のすき間も開きはじめ、2年後に撮影したレントゲン写真では、股関節のすき間がはっきりと映り、軟骨の再生が確認できたのです。Bさんは、73歳になるいまでも人工関節の手術を受けることなく、元気に過ごされています。

貧乏ゆすりは人工関節の早期導入を回避し股関節症治療の選択肢を広げる希望の星

貧乏ゆすりによる変形性股関節症の改善例

● 水中歩行をやめ、人工関節置換術を回避できたCさん(65歳・女性)

 Cさんは左股関節が関節症と診断され、人工関節に置き換える手術を受けるようにすすめられていました。大の病院嫌いで、どうしても手術をさけたかったCさんは、指導された水中歩行を実践し、時間があれば町内のプールに通っていたそうです。しかし、水中歩行をすればするほど、太もも周辺の痛みが悪化し、ついには我慢できなくなってしまったといいます。

 Cさんが当院を訪れたのは、痛みが増して歩行もままならなくなっている時期でした。私は、Cさんに水中歩行を中止して、貧乏ゆすりをするようにすすめました。すると、しだいに太もも周辺の痛みがなくなり、歩行もらくになったとのこと。さらに、年を追うごとに順調に股関節のすき間が開いていき、人工関節に置き換える手術を回避することができたのです。Cさんは「涙が出るほどうれしい」とおっしゃっていました。

 貧乏ゆすりによる変形性股関節症に対する改善効果は想像以上のものでした。貧乏ゆすりは、人工関節の早期導入を回避し、変形性股関節症患者さんの治療の選択肢を広げる希望の星といえるでしょう。

足ゆらマシンは貧乏ゆすりがらくにでき末期でも股関節の激痛が消えて軟骨も再生

足ゆらマシンを使って股関節症の痛みなどの症状が2~3ヵ月で消失した例は数多い

 では、貧乏ゆすりをどれくらいの期間行えば、股関節の軟骨が再生するのでしょうか。まだ研究段階ではありますが、一般的には6ヵ月~数年の継続で、効果が現れることが多いようです。よくなった患者さんからは「クセになるまで行った」という声も寄せられています。

 ただし、長時間にわたって意識的に貧乏ゆすりをするのは、想像以上に容易ではありません。「貧乏ゆすりがうまくできない」「後日、筋肉痛が出た」などの理由から、長続きしないという問題もあります。柳川リハビリテーション病院では2013年から、足を乗せるだけで自動的に揺らしてくれる、足ゆらマシンとでも呼ぶべき自動貧乏ゆすり器を導入しています。

 従来の貧乏ゆすりでは、キアリ手術という温存手術の術後、股関節のすき間(関節裂隙)が開くまでに1年半を要していたのが、足ゆらマシンを導入してから、6ヵ月前後に短縮される例が続出しています。また、保存療法として足ゆらマシンを使う場合、1日2時間使用すれば、多くのケースで数ヵ月~数年の継続で関節裂隙の拡大がレントゲン写真で確認できるようになります。痛みなどの症状ならば、2~3ヵ月で消失した例が数多く見られます。

● 人工関節の手術しか治療法がないといわれた末期股関節症が改善し杖なしで外出できたDさん(53歳・女性)

 Dさんは、出生後まもない乳児期に右股関節の脱臼が見つかり、治療を受けました。その後は特に問題なく過ごしていましたが、20代後半から自転車に乗るときなどに右足を上げると、右股関節に痛みを覚えるようになったといいます。

 その後、階段の昇降時など、ふとした瞬間にも右股関節に痛みを感じるようになったDさん。整形外科でレントゲン検査などを受けた結果、変形性股関節症と診断されたといいます。

 医師から「変形性股関節症は治らない」と説明を受け、その後は通院しなかったというDさん。そのせいか、40代後半になるころには、右股関節に激痛が走り、歩行が困難になるまでに悪化。あらためて整形外科を受診したところ、右股関節の変形性股関節症が末期にまで進行していることが判明し、医師から「痛みを改善するためには人工関節の手術以外に治療法はない」といわれたといいます。

 50代の若さで人工関節の手術を受けることに抵抗があったDさんは、2014年8月に当院を受診。レントゲン写真を見た私は、Dさんの右股関節の状態であれば、手術を受けなくても治る可能性があると判断し、足ゆらマシンの使用をすすめました。

 Dさんは、1日1時間を目安に足ゆらマシンを使用しました。さらに、右股関節にかかる負担を減らすよう、家の中でも杖を使ったそうです。すると、半年が過ぎるころから、右股関節に心地よさを覚えるようになり、痛みも軽減しだしたのです。

 その後も順調に右股関節の痛みが治まっていったDさん。半年に一度の定期検診で撮ったレントゲン写真でも、右股関節に軟骨が再生しているようすがはっきりと確認できるまでに改善。そのおかげで、杖を使わずに外出できるようになったと喜ばれていました。

足ゆらマシンを毎日1時間使ったら3ヵ月で股関節の痛みが軽減し可動域も改善

足ゆらマシンによる変形性股関節症の改善例

● 夜寝ているときにも容赦なく起こった末期股関節症の激痛が治まり軟骨の再生も確認できたEさん(62歳・女性)

 Eさんは、乳幼児のころから左股関節に不具合があり、長距離を歩いた後などに左股関節に痛みを覚えることがあったそうです。特に病院で治療を受けることはなかったEさんですが、30代になってから、左股関節に強い痛みを感じるようになったといいます。左股関節の痛みで歩くのもままならなくなったEさんは、近くの整形外科を受診。そのとき、初めて変形性股関節症と診断されたといいます。

 しばらく松葉杖を使うなど、左股関節にかかる負担を減らしながら生活していたEさん。しかし、左股関節の痛みは徐々に悪化し、夜寝ているときにも容赦なく激痛に襲われるようになってしまったそうです。あまりの痛さに総合病院の整形外科を受診したところ、左股関節が末期の変形性股関節症と判明。医師から人工関節の手術をすすめられたといいます。

 人工関節の手術を受けると、脱臼や細菌感染などのリスクも伴うと知ったEさんは、どうにかして手術をさけられないかと2012年7月に当院を受診しました。そこで、私はEさんにふだんは杖を使い、加えて貧乏ゆすりを行うようアドバイスしました。
 自力で貧乏ゆすりを試みたものの、5分も続けることができなかったというEさん。その後、2015年12月からは1日1時間を目安に足ゆらマシンを使用しました。すると3ヵ月後、左股関節の痛みが軽減していることを実感。家の中でも杖が手放せない状態でしたが、杖がなくても問題なく生活できるようになったそうです。
 半年に一度の定期検診で撮ったレントゲン写真では、左股関節のすき間が広がっていることが確認できたEさん。左股関節の可動域も改善し、困難だったしゃがむ姿勢も問題なくできるようになり、家事がはかどるようになったとうれしそうに語っていました。

● 「脚を切断してほしい」と思うほどの股関節の激痛が消失したFさん(56歳・女性)

 Fさんは14年前にほかの病院で左股関節が末期の変形性股関節症と診断され、人工関節の手術をすすめられていました。その後、症状は徐々に悪化。安静時でも股関節にズキズキした激痛が走り、せつなさのあまり「脚を切断してほしい」と思うほどだったといいます。

 そこで、私はFさんに左股関節にキアリ手術という温存手術をしたうえで、貧乏ゆすりをすすめました。5ヵ月間の入院中、リハビリテーションに加えて、持続的に関節を動かすCPMという訓練装置を1日3時間使用したところ、手術直後には開いていなかった股関節のすき間が、レントゲン検査のたびに広がっていったのです。

 さらに退院後、足ゆらマシンを1日30分以上使用したところ、Fさんの股関節のすき間は順調に広がり、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)の画像で、軟骨が再生していることが確認できました。長い間、悩みの種だった股関節の痛みも消失。手術前は体を上下させながら左脚を引きずって歩いていたFさんですが、現在では普通に歩けるようになったと喜ばれていました。

足ゆらマシンは股関節の負担を軽減しながら使用すれば最大限の効果が期待できる

足ゆらマシンによる変形性股関節症の改善例

 足ゆらマシンで股関節のすり減った軟骨が再生したことは、特筆に値します。進行期・末期の変形性股関節症に温存手術を行う整形外科医が少なくなってきており、本来ならば温存手術が可能な状態であるにもかかわらず、人工関節の置換手術をすすめられる患者さんが少なくないからです。

 人工関節には約20年という耐用年数があり、若いうちに置換すればするほど、入れ換え手術を受けるリスクが高まります。変形性股関節症の治療では、自分の股関節をいかに長く維持するかが重要なのです。

 足ゆらマシンは、過去に股関節の温存手術をし、再び悪化してきた患者さんにも有効です。股関節の骨盤側の骨が浅かったり小さかったりする臼蓋形成不全の程度が軽い場合は、変形性股関節症の進行を食い止めることも可能です。ただし、すでに人工関節に置き換えた脚では足ゆらマシンの使用を控えてください。

 臼蓋形成不全の程度が重度で、軟骨が再生しても荷重に耐えるだけの骨盤のくぼみ(臼蓋の水平面)の面積が十分に得られない場合は、温存手術が有効なケースもあります。温存手術で骨盤の形状異常を改善してから、足ゆらマシンを使用するように指導しています。

 足ゆらマシンの効果を上げるためには、日常生活の中で股関節にかかる負荷をできるだけ減らすことが重要です。具体的には、次の4つが挙げられます。

● 重たいものを持たない
● 体重を減らす
● 歩く量を減らす
● 走らない(ゆっくり歩く)

 日常生活で股関節にかかる負荷を減らす工夫を取り入れながら足ゆらマシンを活用すれば、最大限の効果が期待できるでしょう。