慢性腎臓病の最強対策は早期発見!尿から分かる腎機能低下のサインを腎臓専門医が解説

【初期】透析導入の分かれ目は早期発見!

JCHOうつのみや病院院長/自治医科大学名誉教授 
草野英二

腎臓は血液をろ過して老廃物や余分な水分を尿として排泄する臓器で加齢で機能が低下

[くさの・えいじ]

1974年、東北大学医学部卒業後、北里大学で研修。1976年、自治医科大学に赴任後、1981年から2年間、米国メーヨクリニックに留学。1993年、自治医科大学腎臓内科学助教授。2002年、同大学教授。2015年から名誉教授。日本腎臓リハビリテーション学会監事、栃木県透析会理事を務める。

 皆さんは、自分の尿の状態をふだんから確認しているでしょうか。尿は腎臓の状態を映す鏡といっても過言ではありません。腎臓が働かなくなると毒素を体の外に排泄できなくなり、将来的に人工透析が必要になるおそれもあります。

 腎臓は腰の上に左右1個ずつあり、大きさはレモン1個分、重さは150㌘程度の臓器です。左右それぞれが血液を受ける腎動脈、血液を運び出す腎静脈、尿を膀胱に運ぶ尿管とつながっています(「腎臓のしくみと働き」の図参照)。腎臓の表面は硬い皮膜と厚い脂肪で覆われ、大切に守られています。 腎臓の主な働きとしては、血液をろ過して老廃物や余分な水分を体外に排泄する機能が挙げられます。その他、体内のミネラルバランスや血圧の調節をしたり、血液を作るホルモンを分泌したり、骨の形成に関わるビタミンDを活性化させたりする働きがあります。体内でさまざまな働きを担っている腎臓は、人間が生命活動を行うための「司令塔」とでもいうべき重要な臓器であることが分かってきました。

 腎臓の働きは30歳を過ぎた頃から年齢とともに低下していきます。慢性腎臓病(CKD)は、生活習慣病である糖尿病や慢性腎炎(IgA腎症など)、高血圧を併発することで罹患しやすくなります。事実、近年では慢性腎臓病の患者さんが急増しています。

 慢性腎臓病の恐ろしい点は、自覚症状が現れたときにはすでに深刻な状態にまで進行してしまっていることです。自覚症状が現れにくい理由の1つには、腎臓の構造が大きく関係しています。

腎臓には左右合わせて約200万個もの糸球体があり、血液を1分間に約1㍑ろ過している。ろ過の過程で作られる尿のもと(原尿)は必要に応じて再吸収され、体に不要な物質が尿として排泄される

 1つの腎臓にはネフロン(腎小体)と呼ばれる小器官が、約100万個も集まっています。ネフロンは、毛細血管が網目状にからまっている糸球体と尿細管から構成されています。

 糸球体は細かい目のふるいのような構造をしています。心臓から腎臓に流れてきた血液が糸球体を通ってふるいにかけられると、分子量の大きい赤血球やたんぱく質などはろ過されず、きれいになった血液が腎臓から出てきます。

 一方、糸球体でろ過された尿のもとになる原尿は、1日当たり150㍑にも及ぶといわれています。しかし、実際の尿の量は1日当たり1.5㍑程度で、99%は尿細管で再吸収されることになります。糸球体でろ過された原尿には、老廃物以外にも、アミノ酸やブドウ糖などの栄養素をはじめ、ナトリウム・カリウムなどの電解質といった体に必要な成分が含まれています。尿細管で原尿を再吸収することによって、体内の水分量を一定に保ったり、ミネラルバランスを調整したりしているのです。

 左右合わせて200万個もある腎臓のネフロンは、ある程度壊れても残りのネフロンが機能を補うため、全体としての腎機能は維持されます。一般的には、腎機能が30%程度まで低下しないと自覚症状が現れません。

 例えば、30歳のときの腎機能を100%とすると、健康な人でも1歳年を取るごとに1%ずつ機能が低下するといわれています。健康な人でも、90歳になると腎機能は40%に低下してしまうのです。この状態ではネフロンの数も減少しており、老廃物を尿から排泄することが十分に行えなくなります。すると、残りの正常なネフロンへの負担が加速度的に増えてしだいに機能が低下し、やがて末期の腎不全に陥ってしまうのです。

自覚症状の乏しい慢性腎臓病は早期発見が大切で検査や早見表で腎機能を確認できる

自分でできる尿チェック

 自覚症状が乏しい慢性腎臓病は、早期発見がなによりも大切です。自覚症状がなくても、毎年1回は健康診断を受けるようにしましょう。慢性腎臓病と診断されるのは、次の①②のいずれか、または両方が3ヵ月以上続いた場合です。

①腎障害のおそれがある所見の存在(たんぱく尿やアルブミン尿、血尿、尿素窒素、クレアチニン、など)

②糸球体ろ過量(GFR)が60未満

 ①に関しては、たんぱく尿を中心にお話しします。たんぱく尿の検査は、腎臓の働きが正常かどうかを調べるために行われます。腎臓の働きに異常があると、本来ならばとどまるべきたんぱく質が尿中に漏れ出てしまいます。

 たんぱく尿は、濃度によって「-」「+-」「1+」「2+」「3+」「4+」の6段階に分かれます。正常範囲は「-」「+-」で、「+」の数字が大きくなるほど尿に含まれるたんぱく質の濃度が高く、腎臓の働きが低下している可能性が高くなります。

糸球体ろ過能力早見表(男性用)

 一方、②の糸球体ろ過量は、1分間にすべての糸球体によってろ過される血漿量(血液に含まれる液体成分の1つ)のことです。糸球体ろ過量を調べるには、血清クレアチニン値をもとに推測する計算法を用いて、推算糸球体ろ過量(eGFR値)を算出します。簡略化すると、糸球体ろ過量=1分間に尿中に排泄されるクレアチニン量÷血清クレアチニン値になりますが、ふだんの診療の中では検査が困難なため、尿中クレアチニン値は測定しません。

 クレアチニンとは、筋肉中の成分が代謝されてできる老廃物のことです。通常、クレアチニンは、常に一定の量が尿中に排泄されます。成人の場合は1日約1㌘のクレアチニンが尿中に排泄されるため、血清クレアチニン濃度が上昇すると糸球体ろ過量が低下していることが分かります。

糸球体ろ過能力早見表(女性用)

 慢性腎臓病の病期は、糸球体ろ過量の数値によって、G1~G5までの6段階に分けられます(G3はaとbに区分け)。糸球体ろ過量を調べるには複雑な計算が必要ですが、日本腎臓学会が作成した「糸球体ろ過能力早見表」を用いて性別・年齢・血清クレアチニン値を当てはめれば、腎機能の状態を大まかに知ることができます。

 健康診断や糸球体ろ過能力早見表以外にも、日頃から自分の体が発している〝小さなサイン〟を見逃さないようにすることが大切です。具体的なサインとして、尿の異常が挙げられます。

尿の色・におい・泡立ち・量・回数を確認すると慢性腎臓病を早期に発見でき透析を回避

たんぱく尿と推算糸球体ろ過量で腎機能をチェック

 尿の異常をチェックするときのポイントは「色」「におい」「泡立ち」「量」「回数」の5つです。

①尿の色
 健康的な尿の色は、透明感のある淡黄色で濁りがありません。腎臓に異常が現れると、尿に血が混じって赤褐色や茶褐色(コーラ色)になります(血尿)。血尿は慢性腎臓病以外にも、尿路結石や膀胱炎、尿路系腫瘍の可能性があるため、早急に腎臓内科・泌尿器科専門医の診察を受ける必要があります。

②尿のにおい
 健康な人の尿のにおいは、ほんのわずかなアンモニア臭(刺激臭)しかしません。アンモニア臭は、尿を空気に放置しておくと細菌によって尿素が分解されて発生します。排尿してすぐにアンモニア臭が強くする場合は、膀胱や腎臓に細菌が感染していたり、尿路に炎症が起こっていたりする可能性があります。また、果実のような甘ったるいにおいがする場合は糖尿病のおそれがあります。

③尿の泡立ち
 健康な人の尿の泡立ちは、1~2分後には消えます。しかし、たんぱく尿の場合は、ビールの泡のように消えずにずっと残ります。体調が悪かったり、お酒を飲みすぎたりすると尿が泡立つこともあるので、目安として確認するといいでしょう。

④尿の量
 健康な人の尿の量は1日約1.5㍑で、1回の目安量は200~300㍉㍑です。腎機能が低下すると1日400㍉㍑以下しか尿が出なくなる乏尿という状態になります。さらに腎機能が低下すると、1日100㍉㍑以下しか尿が出なくなる無尿という状態になります。一方、尿の量が1日3㍑以上出る状態を多尿といい、尿崩症や尿細管の異常、糖尿病の疑いがあります。「尿がもう出なくなってしまった」「尿がまだ止まらない」と違和感を覚えたら検査の必要があるといえます。

⑤尿の回数
 健康な人の尿の回数は1日4~6回で、多くは昼間に4~5回、夜間に0~1回といわれています。尿の回数が1日8回以上の場合は頻尿といい、過活動膀胱や尿路感染・炎症、腫瘍などのおそれがあります。

 慢性腎臓病に起因する頻尿で多く見られるのが夜間頻尿です。日中は活動して血液が全身を巡るのですが、就寝中は腎臓に血液が集中してろ過を続けて体の浄化をしています。しかし、腎機能が低下して尿を濃縮する機能が衰えると、尿の回数が増えて夜間頻尿が起こるようになるのです。

 腎臓は「ある程度まで機能が低下してしまうと、自然と治ることはない臓器」といわれています。腎機能の低下は自覚症状がないまま進行しているおそれがあります。ふだんから減塩を心がけながら尿の異常をチェックすることで腎機能低下の早期発見が可能になり、ひいては人工透析の回避にもつながります。違和感を少しでも覚えたら、すぐに腎臓内科や泌尿器科の専門医を受診してください。