肺がんに対する抗PD-1抗体の治療効果と筋肉量の関係が明らかに

大阪大学免疫学フロンティア研究センター

 大阪大学の研究グループは、抗PD-1抗体治療の効果が、治療開始時点の筋肉量に影響を受ける可能性を見出しました。

治療効果の予測が難しかった抗PD-1抗体治療

 肺がん治療において、免疫チェックポイント阻害薬(抗PD-1抗体)は日常臨床で用いられており、その中にはかなり長期にわたり効果が持続する患者さんがいることがわかっています。これは従来の治療薬ではあまりみられなかった現象です。治療効果を予測するための因子に関する研究が世界中で進められていますが、現在のところ、高い治療効果を認める患者さんを事前に予測することは困難な状況です。近年、筋肉は運動器官としてだけでなく、内分泌器官としての機能も注目されており、筋肉から分泌される生理活性物質であるマイオカインは抗腫瘍効果をもつことが報告されています。しかしながら、免疫チェックポイント阻害薬の治療効果と患者さんの筋肉量の関係については、これまで明らかになっていませんでした。

抗PD-1抗体と筋肉量の関係を調査

 本研究グループは後ろ向き観察研究として、肺がんにおける抗PD-1抗体(ニボルマブまたはペムブロリズマブ)の治療効果と治療開始時点の筋肉量との関係を調査しました。筋肉量の評価には、腹部CTでの第3腰椎レベルにおける大腰筋の断面積を採用しています。この患者さんの腹部の筋肉量を、アジア人の筋肉量データの基準値に照らし合わせ、治療開始時点の筋肉量低下の有無を判定しました。その結果、治療開始時点で筋肉量低下を認めた群では、筋肉量低下を認めなかった患者群と比較して、抗PD-1治療薬中の病勢進行のリスクが2.83倍となることが示されました。

 また、全身状態に問題がないとされるパフォーマンスステータス(患者の日常生活の制限の程度を示す指標)が良好な群の中でも、筋肉量の低下の有無で治療成績に同様の差がみられました。さらに、少数例の検討ですが、1年以上の長期効果を認めた群は、男性・女性ともに筋肉量が高い集団であることが示唆されました。

本研究成果による今後の展開と期待

 本研究成果により、治療開始時点の筋肉量と抗PD-1抗体の治療効果との関連性が示され、治療開始時点の筋肉量低下は効果不良因子である可能性が示唆されました。現在、抗PD-1抗体の治療効果を予測するためのバイオマーカー研究がすすめられておりますが、今回の研究で得られた筋肉量というマーカーは、既存のマーカーと異なり様々な取り組みによって改善し得る指標です。

 今後、抗PD-1抗体の治療効果を上げるために、筋肉量を維持するための取り組みが重要となってくるかもしれません。