高次脳機能障害者の記憶力向上にフラワーアレンジメントが効果的

農業・食品産業技術総合研究機構

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)と茨城県立医療大学は、事故や脳卒中などで認知機能に障害を負った高次脳機能障害のある方々に、フラワーアレンジメントを利用したSFAプログラムという認知機能の訓練を実施したところ、記憶力が向上し、その効果が3ヶ月間保たれることを明らかにしています。フラワーアレンジメントを利用したSFAプログラムが、高次脳機能障害者の認知リハビリテーションとして活用されることが期待できるとのことです。

高次脳機能障害とは

 高次脳機能に障害を負った方は、全国で約32万7千人と推定されています(2016年 厚生労働省調べ)。高次脳機能障害とは、不慮の事故や病気によって脳に損傷を負い、記憶・注意・言語などの認知機能や社会性が低下し、生活に支障をきたしている状態のことを指しています。

認知リハビリテーション

 高次脳機能に障害を負った方が自立した生活を送り社会復帰するためには、認知リハビリテーションが重要な役割を果たします。認知リハビリテーションとは、障害された認知機能の回復と社会復帰を目指して行われるトレーニングであり、非薬物療法のひとつです。

SFAプログラム

 2010年に農研機構と茨城県立医療大学が、フラワーアレンジメントを作成する作業を通して認知機能の訓練を行う手法(SFAプログラム:Structured Floral Arrangement Program)を開発したそうです。

 SFAプログラムは、吸水スポンジにつけた◯や△の印に順に花材を挿して、パズルを組み立てるように、繰り返しフラワーアレンジメントを作成するプログラムです。

 フラワーアレンジメントの作成過程では、視空間認知能力(視覚情報に基づいて、モノの位置や向き、空間の中でのモノ同士の位置関係を認識する能力)・記憶力・注意力など様々な認知機能を要するため、認知リハビリテーションに適していると考えられました。

 2010年から統合失調症患者で検証してきたSFAプログラムを、高次脳機能障害者に実施対象を広げ、2013年には注意障害が改善した症例、2016年には視空間認知能力が改善した症例を報告しています。

SFAプログラムを6回実施

 今回の研究では、事故や脳卒中などで認知機能に障害を負った16名の高次脳機能障害のある方々に約4週間、SFAプログラムを6回実施したとのこと。研究に参加されたのは平均年齢43.8歳、高次脳機能障害を受傷または発症してから1年以上経過(慢性期)し、症状が安定している方たちだそうです。記憶障害に関しては、ごく軽度から重症の方までいました。

4割以上高い値も

 SFAプログラムに参加した方は視覚性記憶力を測るテストを4回行いました。平均得点が1回目の12.7点から4回目は27.7点と有意に向上したとのこと。4回目の得点に関しては、SFAプログラムに参加しなかった方に比べて4割以上高い値を示したそうです。重度の記憶障害をもっている方にも成績の向上がみられました。また、追跡調査ができた9名に関しては3ヶ月間、向上した成績が維持されたことも確認されたそうです。

フラワーアレンジメント資材について

 SFAプログラムに利用するフラワーアレンジメント資材は、生花店やインターネットで販売されています。宮城・福島・茨城・埼玉・千葉・愛知・広島の20店舗、4つのweb販売ページで取り扱っているとのことです。

今後は高齢の高次脳機能障害者にも

 加齢による認知機能の低下を防ぎ、健康寿命を伸ばす研究・開発が、高齢者人口がさらに増加することが予想される国内では注目されています。そこで今後、SFAプログラムの対象範囲を高齢の高次脳機能障害者にも広げて検証を進めるとともに、加齢に伴う認知機能の低下への予防効果も検証していく予定とのことです。