期待感で鎮痛効果―プラセボ効果を治療に活用

理化学研究所

 薬理的に作用の無い「偽薬(プラセボ)」に対し、患者が効果を期待するだけでなんらかの治療的効果をもたらす現象のことを「プラセボ効果」といいます。ヒトを対象とした研究で、プラセボによる痛みの緩和が報告されています。前頭前皮質、前帯状回、中脳水道周囲灰白質の一部の領域で神経活動が亢進することや、内因性神経ペプチドのオピオイドやドーパミン神経系が関わることが報告されています。

従来のプラセボ研究

 このような、心理的活動をともなう脳機能に関する研究では、被験者の主観的な感覚を問いつつ関連する脳活動領域を探索するものです。しかし、この手法ではプラセボの効果は判断出来ても、プラセボによる期待感が、脳のどこで、どのような神経回路を経由してどのような作用機序で効果を表しているのかについて、脳機能の詳しい神経基盤を明らかにすることは不可能でした。

パブロフの条件付け

 しかし近年、イメージング技術が進歩し、マウスなど小動物脳の解析も可能となり、臨床データに匹敵するほどの脳機能画像を得ることも可能となりました。ヒト以外の動物においても「期待感」だけではなく「パブロフの条件付け」によってもプラセボ効果が期待できることが報告されています。ラットの足裏は、一定以上の強さの機械的刺激を受けると、足を引っ込める動作をします。正常な個体では強い刺激にしか反応しません。しかし、腰の神経を結索するなどして刺激を与えると、痛みを感じる刺激の最低強度(疼痛閾値)が下がることで、通常では痛みと感じない刺激にも反応を示します。一方、このラットに鎮痛薬を投与してから刺激すると疼痛閾値が元に戻ることから、鎮痛薬の効果が期待できます。

ヒトへの応用

 プラセボ鎮痛効果に関する脳領域を同定するため、プラセボ効果を示した個体と示さなかった個体の脳を撮影すると、プラセボ鎮痛効果が認められた対側の前頭前皮質内側部の領域で神経活動が上昇すると分かりました。げっ歯類の前頭前皮質内側部は、霊長類の背外側前頭前皮質と相同な(発生起源が同じ)部位であると考えられるため、ヒトを対象とした研究から、背外側前頭前皮質はプラセボ効果における「予測」や「期待感」に関係していると報告されています。

まとめ

 プラセボ効果は、心理活動だけで生体機能を活性化できる現象です。プラセボ効果をうまく活用すれば、投薬を軽減し薬物副作用も予防しながら、効果的な治療効果の向上が期待できます。今後は、遺伝子工学的な手法と組み合わせることでプラセボ効果の全貌を解明し、心による脳と身体機能の相互作用の解明が目指されています。