朝食を抜くと体内時計が異常を来たすことが判明!

 名古屋大学の研究グループは、朝食を抜くと体重増加を引き起こすのは、細胞内で数種類の遺伝子のネガティブフィードバック機構によって24時間のリズムを刻んでいる、肝臓の時計遺伝子や脂質代謝のリズムの異常と体温のリズムに、異常を来すからであることを明らかにしました。

名古屋大学

若年層を中心に増えつつある朝食欠食

 規則正しい食生活が健康の要だといわれています。しかし、現代では不規則な食生活をする人が多くなっており、朝食を抜くことは、最もよくある不規則な食生活の典型例です。
厚生労働省は、平成27年国民健康・栄養調査で、20歳代の4人に1人が朝食を食べていないと言う調査結果を発表しています。朝食を抜くことは、肥満やメタボリックシンドローム、2型糖尿病注、冠動脈心疾患の原因になるといわれています。これまでの研究は観察研究が多く、身体の中で起こるメカニズムは明らかにされてきませんでした。

 本研究では、ラットに高脂肪食を活動期に与える「対照群」に対して、4時間遅らせて食べ始めさせる群を「朝食欠食群」としました。そうしたところ、摂取量に変化はないものの朝食欠食群は体重が増加しました。これは体脂肪が増加したためでした。

朝食欠食がもたらす体への悪影響を明らかにするために

 不規則な食生活は不健康と考えられていますが、若い人で朝食欠食が多く、これが肥満やメタボリックシンドロームにつながることが知られています。これまでの研究では、そのメカニズムが明らかにされていませんでした。

 今回の研究で、朝食欠食による体重増加が体内時計の異常(肝臓時計の異常と体温時計の異常)によるものであるというメカニズムを実験的に明らかにしました。
毎朝規則正しく朝食を食べることは、体内リズムを正常化して、肥満やメタボリックシンドローム、糖尿病、冠動脈心疾患の予防につながる可能性があります

ラットを用いた朝食の重要性のメカニズムの研究

 今回の研究は、実験動物を用いて、食事のタイミングと健康を科学する学問「時間栄養学研究」をすることにより、朝食の重要性のメカニズムを明らかにしました。実験動物としてラットを用いて高脂肪食を14日間与えました。活動期のみ食餌を与える「対照群」と4時間遅らせて食べ始める「朝食欠食群」を設けました。人にあてはめると、朝8時に朝食を食べる人と昼の12時に最初の食事を食べる人にあたります。

朝食欠食群に脂肪組織重量が増加傾向

 本研究の結果では、食餌摂取量は変わりませんでしたが、朝食欠食群では体重が増加しました。これは脂肪組織重量が増加したからです。このとき、肝臓の時計遺伝子や脂質合成系の遺伝子の発現リズムもおよそ4時間遅れました。また、体温は活動期に上がりますが、朝食欠食群では食べ始めるまで上がりませんでした。反対に、休息期には下がりますが、朝食欠食群では、まだ食べているにもかかわらず、体温が低下してしまいました。そのため、体温が上昇していた時間は、わずかでした。朝食欠食では、肝臓時計のずれや体温時計などの、体内時計の異常によって活動期が短くなり、エネルギーをあまり消費しないため、体重増加をもたらすことが明らかになりました。

研究成果の意義と今後の期待

 朝食は健康に良いことは数多く報告されていますが、これまで身体の中で起きる遺伝子レベルでのメカニズムは明らかにされてきませんでした。日本では、国をあげて朝食を食べることを推進していますが、その科学的根拠が十分とはいえませんでした。

 今回の研究は、朝食欠食により体内時計が乱れたために起きることを遺伝子レベルで明らかにしました。この結果は、朝食を勧めるときの科学的根拠を提供することになります。
また、朝食は体内時計の正常化にとって最も重要な食事であることを示すことができました。朝食を採ることで、メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防も期待されます。