握力・片足バランスの成績と2型糖尿病

東北大学

 東北大学は、新潟大学と国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所とともに、新潟ウェルネススタディの一環として、新潟県労働衛生医学協会の健診データを用いて追跡研究を行い、握力テストおよび閉眼片足立ちテストの成績が、2型糖尿病の発症リスクと関連することを明らかにしたと発表しています。

全身持久力と2型糖尿病の関係

 血糖値を下げるインスリンの効きが悪くなる2型糖尿病。2型糖尿病を予防するには、日頃の活動量やランニングなどの運動を行うことが有効とされています。また、運動を長時間続けるために必要な全身持久力が高いことも予防に役立つという結果があります。

簡便な体力テストで

 全身持久力は2型糖尿病のリスクと関係あるといわれていますが、全身持久力の評価は簡単に行うことができません。誰でも簡単に、もっと短時間で行える評価で2型糖尿病リスクがわかれば、との思いから今回の研究は行われました。体力にも色々あります。2型糖尿病と全身持久力以外の体力(筋力・パワー・筋持久力・柔軟性・バランス能力・反応速度など)が関連するのか、簡便な体力テストで検討しています。

今回の研究

 今回の研究は新潟県労働衛生医学協会の協力のもと、体力テストを行った糖尿病でない健診受診者21,802名(20~92歳)について、体力項目ごとに成績順に各4グループに分けて、最大6年間追跡したとのことです。体力テストの内容としては、握力(筋力)・垂直跳び(パワー)・閉眼片足立ち(バランス)・立位体前屈(柔軟性)・全身反応時間(刺激に対する反応)・仰臥位足上げ(筋持久力)の6つでした。

研究の結果

 6つの体力テストのうち、握力・垂直跳び・閉眼片足立ち・立位体前屈の成績が2型糖尿病のリスクに関連することが認められましたが、下半身のパワーを測定する垂直跳びと柔軟性を評価する立位体前屈との関連は、一部、肥満が影響していたことを示す結果になりました。よって、筋力を測定する握力およびバランス能力を測定する閉眼片足立ちの成績が2型糖尿病のリスクに関連することが明らかになりました。例えば、握力の値が体重の8割程のグループと5割程のグループを比較すると、2型糖尿病のリスクは56%高い値を示したとのことです。その他、全身反応時間と筋持久力については2型糖尿病のリスクと関連は認められなかったとのことです。