ジグリングで治療の限りを尽くしても進行を抑制できなかった末期の股関節症が改善

川崎医科大学骨・関節整形外科教授
三谷 茂

変形性股関節症の治療は病期にかかわらず運動療法が重要で特にジグリングを推奨

[みたに・しげる]

1963年、京都府生まれ。1987年、岡山大学医学部卒業。同大学医学部附属病院整形外科助手、同大学院医歯薬総合研究科機能再生再建学講師・准教授などを経て、2010年から現職。日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション医学会専門医。

 変形性股関節症は、股関節の関節軟骨がすり減ることによって起こる病気です。主な原因は股関節の形状の異常や老化で、股関節の関節軟骨がすり減って痛みや炎症が生じます。

 変形性股関節症は4つの病期に分けられ、「①前股関節症→②初期→③進行期→④末期」と徐々に症状が悪化していきます。関節軟骨の破壊が進むと、骨と骨が直接ぶつかるようになり、股関節が変形していきます。治療をせずに放置しておくと、慢性的な痛みのために歩行が困難になったり、股関節の可動域(動かすことができる範囲)が制限されたりして、生活の質が著しく低下してしまう場合もあります。

 変形性股関節症の治療は、手術と手術以外の治療法の2つに大別できます。手術以外の治療法は保存療法と呼ばれ、薬物を用いる薬物療法と薬物を用いない理学療法に分けられます。

 理学療法は、運動や温熱、電気などの物理的な手段を利用して、運動機能を回復・改善する治療法です。靴や足底板(靴に入れる治療用の中敷き)、サポーターなどを利用する装具療法や、日常生活での指導(杖の使用や減量をはじめ、股関節への負荷の少ない姿勢・立ち上がり方・座り方などの動作のアドバイス)も含まれます。

 変形性股関節症では、病期にかかわらず、運動療法を行う必要があります。日常生活を送るうえでの注意事項を守って股関節の保護に努めながら、痛みを伴わない程度の運動療法を続けて筋力や関節の動かせる範囲を保っていくことが重要です。中でも、私がなによりも有効だと考え、患者さんに推奨しているのが「ジグリング(足ゆすり運動)」です。

 関節軟骨には、血管やリンパ管、神経がなく、栄養補給は関節液によって行われます。ジグリングは、関節に負荷をかけない「小刻みな摩擦運動」です。そのため、関節液が絶えず循環して関節軟骨に栄養が行き渡るようになります。その結果、股関節の関節軟骨の再生が促され、痛みなどの症状が改善すると考えられるのです。

 私が勤務する川崎医科大学附属病院(岡山県倉敷市)の整形外科では、足をペダルに乗せるだけで自動的にジグリングができる、自動ジグリング器を導入しています。次に、自動ジグリング器によって変形性股関節症が改善した代表的な症例をご紹介しましょう。

 Aさん(54歳・男性)は、右股関節が変形性関節症で15年前から通院されていました。保存療法を行って変形性股関節症の進行を抑制していましたが、末期の状態にまで悪化。ひどい痛みに悩まされ、人工関節に置き換える手術もやむをえない状況でした。しかし、Aさんは仕事の関係で長期間休むことができず、手術以外の治療法を強く望まれていました。そこで私は、Aさんに自動ジグリング器の使用をすすめました。

 Aさんは仕事から帰宅後、毎日2時間ほど自動ジグリング器を使用したといいます。すると、3ヵ月がたつ頃から右股関節の痛みが軽快しはじめ、痛み止めの薬を服用する回数が減っていったそうです。その後も順調に右股関節の痛みが改善していったAさんは、現在でも問題なく仕事を継続することができていると語っていました。

 変形性股関節症は、一度発症すると進行を止めることが難しい慢性疾患です。Aさんのケースは、保存療法の限りを尽くしても進行を抑制できなかった末期の変形性股関節症が改善した、注目に値する症例といえるでしょう。

ジグリングは副作用の心配がなく従来の治療法に追加できる画期的な保存療法

ジグリング(足ゆすり運動)のポイント

 ジグリングによって人工関節を回避できる可能性は、老若男女を問わず、病期が末期であっても十分にあります。人工関節の手術を受ける前であれば、すべての患者さんがジグリングによる保存療法の対象となります。たとえ変形性股関節症であっても、日常生活に支障のない範囲内にまで症状を緩和できるケースも珍しくありません。

 ジグリングは、リラックスして継続的に行うことがなによりも重要です。まずは半年間を目安にして行い、変形性股関節症の症状の改善が見られるかどうかがポイントになります。

 また、スピードや回数などは、あくまでも心地よいと思える程度にとどめ、決して無理をしないことです。また、痛みが悪化する場合は、ジグリングを中止して安静にしましょう。

 ジグリングは、従来の治療法にプラスαで追加できる、画期的な保存療法です。副作用の心配がなく、股関節の隙間を広げ、長期的に変形性股関節症の症状を改善する期待が持てます。

 私は、ジグリングが多くの変形性股関節症患者さんの症状の改善に有効ではないかと考えています。不可逆的に進行すると考えられていた変形性股関節症の改善が期待できるジグリング。ぜひ、少しでも多くの患者さんに取り組んでいただきたいと、心から願っています。