喫煙者は交通事故を起こしやすいという傾向が判明

東北大学

研究事例の少ない「喫煙と交通事故の関係」

 喫煙は、ガンや循環器の疾患など命に関わる様々なリスクを高めることが報告されています。外傷などの外因死との関連性についても研究されています。しかし、外因死には交通事故、転倒、窒息、火災といった不慮の事故、自殺、他殺などの死亡が含まれており、喫煙と交通事故の関連性を検討した研究はあまり多くありません。

 現在、運転中の携帯電話の使用は、運転が不安定になり交通事故のリスクが高まることから危険行為であるとされ道路交通法で違反とされています。同様に、交通事故への影響が考えられる喫煙に対しての規制がなく、喫煙と交通事故による死亡との関連性がほとんど検討されていません。

 そこで、今回東北大学の研究チームは喫煙と交通事故による死亡の関連について検討しました。

過去20年のデータを用いての調査

 茨城県健診受診者生命予後追跡調査事業の 1993年〜2013年までのデータを用いて、前向きコホート研究と呼ばれる分析疫学を行いました。今回の調査対象者は、1993年当時の茨城県内38市町村における基本健康診査受診者40歳~79歳までの97,078人としました。そのうち追跡不能であった者及び主要なデータに不備のある694人を除外した 男性33,018人、女性63,366人、合計96,384人のデータを解析に用いました。

調査結果、喫煙者と非喫煙者の違い

平均追跡人年は男性で17.3人年、女性で18.9人年でした。
交通事故による死亡は、男性では非喫煙者では7,335人中31人。
過去喫煙者では、9,115人中46人。
1日20本未満吸う現在喫煙者では、5,125人中29人。
1日20本以上吸う現在喫煙者では、11,403人中62人でした。

女性の非喫煙者では、59,832人中127人。
過去喫煙者では、461人中1人。
1日20 本未満吸う現在喫煙者では、2,021人中0人。
1日20 本以上吸う現在喫煙者では、1,052人中0人でした。

 年齢、飲酒状況を考慮したモデルにおいて、男性の非喫煙者と比較して1日20本以上吸う現在喫煙者は、交通事故による死亡をハザード比と呼ばれる、臨床試験で使用する相対的危険度を客観的に比較方法において、高い傾向にあることがわかりました。

 一方、女性は喫煙者の人数が少ないこともあり、観察期間中の喫煙者の交通事故死亡を認めず、統計解析を行うことができませんでした。今回の調査結果から、交絡因子で調整を行っても、男性の喫煙者ほど交通事故による死亡リスクが高いという傾向にありました。

研究結果から見るたばこ対策

 今回の研究で、喫煙が交通事故死亡のリスクを高める可能性を示すことができました。
本研究では、運転中の喫煙ではなく普段の喫煙習慣を用いており、この誤分類は真の推定値を過小評価している可能性があります。また、本研究における交通事故死亡には、自動車での交通事故だけでなく、航空交通事故、鉄道交通事故、水上交通事故による死亡、歩行者の死亡なども含まれています。
このことも、喫煙と交通事故による死亡の関連性の過小評価につながっている可能性があります。

 現在日本では、「健康増進法25条」の一部改正案が閣議決定など、たばこへの対策がすすめられていますが、運転中の喫煙は規制されていません。世界には、受動喫煙防止の観点から車内での喫煙を規制している国もあります。
今回の研究結果は、たばこ対策を交通事故死亡という、これまでとは異なる観点で支持する結果となりました。

 今後も禁煙を含めた多角的な交通事故への対策が必要であると考えられます。