洞察瞑想の神経基盤とその背後にある心理メカニズム


京都大学は、仏教で語られてきた「今この瞬間に生じている経験にありのままに気づくこと」について、MRIや最新の解析方法を用いることで、その神経基盤を発見することができたと発表しています。

京都大学

マインドフルネス実践法とは

 健康や幸福感を高めることができると、マインドフルネス実践法への注目が高まっています。マインドフルネス実践法は、特定の対象に意図的に集中する「集中瞑想」と今この瞬間に生じている経験にありのままに気づく「洞察瞑想」から構成されています。

 過去の研究から、集中瞑想・洞察瞑想ともに、マインドワンダリング(何かにとらわれた心がさまよう状態、心の迷走)を低下させること、また、その神経基盤である脳内のデフォルトモードネットワーク(何もしていない時に働くネットワーク。ぼんやりと過去のことを思い出したり、未来のことを想像したりすることに関わっている、いわば脳のアイドリング)の活動を低下させるといわれてきました。

洞察瞑想の心理メカニズムは今まで解明されていなかった

 集中瞑想時、デフォルトモードネットワークの活動低下が起こるのは、特定の対象を用いて意図的に集中することによって、注意関連脳領域の活動を高めているからといわれています。しかし、洞察瞑想に関しては、ありのままに気づくことによって、マインドワンダリングやデフォルトモードネットワークの活動が低下することの心理メカニズムやその神経基盤を解明できてはいなかったとのことです。

洞察瞑想時の神経基盤

 MRIで脳活動を測定した結果、洞察瞑想時は集中瞑想時と比べて、腹側線条体と視覚野の結合が低下し、さらに腹側線条体と脳梁膨大後部皮質の結合が安静時よりも低下していることを発見したとのことです。

 この結合性は、「過去の経験に関する記憶にとらわれる程度」と関連していると考えられています。さらにこの腹側線条体と脳梁膨大後部皮質の結合性の低下の程度は、瞑想の実践時間が長いほど大きくなることが示されたとのことです。

洞察瞑想時の心理メカニズム

 これらの結果は、瞑想実践者が日々洞察瞑想を実践していることから考えると、洞察瞑想(今この瞬間に生じている経験にありのままに気づく瞑想)を実践するほど、意図的な注意の集中がゆるまるとともに、過去の経験に関わる記憶にとらわれる程度が低下することを示唆しています。

 洞察瞑想に特有の機能的な結合性を発見することで、今この瞬間に生じる経験にありのままに気づくことの背後に、意図的な注意の集中がゆるまるとともに、「自分の過去の経験に関する記憶から自由になる」という心理メカニズムがある可能性を見出したとのことです。

洞察瞑想を実践することによって

 マインドフルネス実践法の中でも洞察瞑想を実践することによって、自分の過去の経験に関する記憶から自由になることを通じて、マインドワンダリング(心の迷走)やデフォルトモードネットワーク(脳のアイドリング)の活動を低下させ、それが日々の健康や幸福感を高めるという可能性が考えられるとのことです。

今後の期待

 今後は、洞察瞑想によって自分の過去から自由になれるということから、「マインドフルネス実践法が日々の健康や幸福感を高めるメカニズム」を解明することが期待されるとのことです。