肥満や糖尿病を予防・改善

東北大学・東京医科歯科大学

 東北大学と東京医科歯科大学は、ポリフェノールの一種である「プロアントシアニジン」が閉経後の女性のモデルである卵巣摘出マウスにおいて腸内フローラを改善し、肥満や糖尿病を予防・改善する効果があることを発表しています。

閉経後の女性は

 日本女性の平均寿命は86.99歳。閉経後も多くの女性は20~40年と長生きをします。しかし、閉経をむかえた女性には、内臓脂肪増加や血糖値上昇の傾向があり、メタボのリスクが高まります。

メタボとは

 メタボとはメタボリックシンドロームの略で、内臓脂肪が多くて糖尿病をはじめとした生活習慣病になりやすく、心臓疾患や脳血管疾患など血管の病気につながりやすい状況のことをいいます。

デブ菌

 腸内細菌叢(ヒトや動物の腸内で一定のバランスを保ちながら共存している多種多様な腸内細菌の集まり。腸内フローラ)は脂肪吸収を制御します。肥満者の腸内細菌を移植したマウスは、痩身者の腸内細菌を移植したマウスよりも有意に太るそうです。

 ファーミキューテス門に属する腸内細菌は、いわゆる「デブ菌」と呼ばれ、腸内細菌叢におけるファーミキューテス門比率の増加は、脂肪吸収効率を増加させて肥満を招くとのことです。

プロアントシアニジンとは

 ポリフェノールの一種である「プロアントシアニジン」は高い抗酸化力を有し、身体の様々な疾患に対する治療効果が指摘されてきました。ポリフェノールの中で比較的分子量が大きく消化吸収されにくい「プロアントシアニジン」は腸管に到達して、直接作用しているのではないかという仮説を立てて検証作業を行ったとのことです。

閉経の動物モデルであるマウスは

 閉経の動物モデルである卵巣摘出マウスの腸内細菌叢を解析すると、ファーミキューテス門に属する細菌(いわゆる「デブ菌」)が腸内に増加し、痩せ型の人に多く存在するバクテロイデーテス門に属する細菌が減少することを見出したそうです。この動物モデルは、内臓脂肪や皮下脂肪の蓄積による肥満に至り、血糖値が上昇したとのことです。

プロアントシアニジンの効果

 卵巣摘出モデルに「プロアントシアニジン」を多く含むブドウ種子エキスを連日与えたところ、ファーミキューテス門細菌(いわゆる「デブ菌」)の増加とバクテロイデーテス門細菌の減少が抑制されたとのことです。肥満指数と呼ばれる、ファーミキューテス門 / バクテロイデーテス門比(F / B比)が改善され、これに伴い、内臓脂肪と皮下脂肪の蓄積が共に抑制されました。

 内臓脂肪の蓄積は血糖値上昇の原因と言われていますが、ブドウ種子エキスの投与によって糖負荷試験時の血糖値も改善されたとのことです。

まとめ

 閉経女性のモデルである卵巣摘出マウスでは、腸内フローラにおいて、ファーミキューテス門細菌(デブ菌)が増加すること、また、「プロアントシアニジン」を多く含むブドウ種子エキスを投与することによって、腸内フローラの変化が抑制され、脂肪蓄積による肥満および血糖調節機能の低下、すなわちメタボ化が予防されることが明らかになったとのことです。