アルツハイマー型認知症に対する超音波治療の可能性

6月より低出力パルス波超音波での治験が開始

東北大学は、低出力パルス波超音波(LIPUS)がマウスのアルツハイマー型認知症モデルにおいて認知機能低下を抑制する可能性を見出し、2018年6月より世界で初めて臨床の現場で治験を開始すると発表しました。

東北大学

アルツハイマー型認知症とは

 アルツハイマー型認知症は、アルツハイマー病を原因とする認知症です。認知症の代表的な病態のひとつとなります。アミロイドβの蓄積による老人斑と、タウ蛋白のリン酸化による神経原線維変化を二大病理とする進行性の神経変性疾患です。認知症の中の半数以上がアルツハイマー型といわれています。

確立されていない治療法

 アルツハイマー型認知症に対して、いくつかの症状改善薬が開発された現在も、根本的な解決策となる治療法が確立されていません。認知症に対する治療法の開発は、超高齢社会の進展に伴う認知症患者の増加に相まって、世界的な大きな課題となっています。
 症状改善薬に対して、アルツハイマー型認知症を根本的に治療できる可能性を持った「疾患修飾薬」の開発が急務とのことです。

疾患修飾薬とは

 「疾患修飾薬」は、疾患の再発率を抑制したり、進行を遅らせたりする作用を持った薬剤のことです。また、「疾患修飾療法」は、無治療でみられる病気の自然の過程を薬物療法で「修飾」することによって変化させるという考え方です。具体的には、進行のスピードをゆっくりしたり、止めたりすることです。

低出力パルス波超音波とは

 人が聞き取れる可聴域を超える周波数(20kHz以上)を持った波は超音波と呼ばれ、媒質を振動して伝導する縦波(疎密波)から構成されています。パルス波は断続的に音波を発信する照射方法で、生体内の機械的振動によって生じる熱の発生を抑えるため、連続波よりも高い強度での照射が可能とのことです。
 近年、低出力パルス波超音波は、細胞・組織障害が非常に少ない低侵襲治療として、様々な分野で注目され始めています。

アミロイドβの蓄積を減少

 低出力パルス波を全脳に照射すると、進行性の認知機能低下が抑制される可能性をマウスを用いた2つの認知症モデル(脳血管性認知症モデルとアルツハイマー型認知症モデル)から見出しました。アルツハイマー型認知症のマウスモデルでは、二大病理のひとつであるアミロイドβの蓄積を有意に減少させたとのことです。また、この治療法は物理的刺激を用いた革新的なアプローチであり、薬物では通過しにくい血液脳関門の影響を全く受けることなく、十分な治療効果を得ることができるとのことです。

新たな治療法を見出した重要な研究

 この研究は、根治的な治療法のないアルツハイマー型認知症において、認知機能の低下を抑制し得る新たな治療方法を見出した重要な研究であり、2018年6月から世界で初めて臨床の現場で、その有効性と安全性を評価する探索的医師主導治験が始まります。
 東北大学病院にて、軽度アルツハイマー型認知症の患者さんを対象に、治療は3ヶ月おきに全観察期間は18ヶ月となります。
 この治験をもとに、将来的には、検証的治験の実施、薬事承認申請を目指すとのことです。この治療法の有効性が認められれば、世界初のアルツハイマー型認知症に対する「疾患修飾療法」として、革新的な治療装置となることが期待されます。