日本のスポーツ界に名を刻む伝説の名医が緊急提言!「〝栄養補給・温活・筋トレ〟の三大効果で脊柱管狭窄症は撃退できます!」

長野寿光会上山田病院整形外科医師
吉松俊一

脊柱管狭窄症はロコモの主要な要因の一つで患者さんの生活の質を低下させるおそれあり

 加齢など、さまざまな原因で骨や軟骨、椎間板、靭帯が変形すると、背骨の腰の部分にあたる腰椎の「脊柱管」が狭くなります。すると、脊柱管の内部にある神経や血管が圧迫されて血流が悪化。神経に浮腫(水ぶくれ)や炎症が起こって、足腰の痛みやしびれなどが現れるようになります。こうして起こるのが、腰部脊柱管狭窄症(以下、脊柱管狭窄症と略す)です。

 脊柱管狭窄症は、骨や関節、筋肉など、運動器の障害によって要支援・要介護になるリスクの高い状態(ロコモティブシンドローム。以下、ロコモと略す)の主要な要因の一つです。「歩くとお尻や足がしびれて、駅まで歩くのがつらい」「じっとしていても腰が痛くて何もできない」など、患者さんの生活の質(QOL)を著しく低下させるおそれがあります。

 私が診療する病院にも、多くの脊柱管狭窄症の患者さんが来院されます。脊柱管狭窄症は、高齢者がなりやすい病気の一つです。高齢化が進むにつれて、患者数はさらに増えていくと考えられます。

 足腰の痛みやしびれが慢性化している患者さんは、坐骨神経痛を起こしていることが少なくありません。その原因の多くが、脊柱管狭窄症です。坐骨神経は、人間の体の中で最も太く長い末梢神経です。腰からお尻、太ももの後ろを通って足先まで伸び、腰椎の下の部分から出ている複数の神経とつながっています。腰椎部の脊柱管が狭くなり、複数の神経のどれか一本でも圧迫されれば、坐骨神経痛が起こるのです。

 脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状は、「間欠性跛行」という歩行障害です。間欠性跛行は、しばらく歩くと腰から足にかけて痛みやしびれが起こったり、ふくらはぎに張りが生じたりして歩きづらくなる症状です。前かがみになったり、腰かけたりして少し休むと症状が治まって再び歩けるようになります。ほんの数十㍍歩いただけで痛みやしびれが悪化し、一度座って休まないと再び歩けないという患者さんも少なくありません。

 坐骨神経痛や間欠性跛行の症状は自律神経の障害を伴うことがあり、季節によって波があります。最も悪くなるのは血流が悪化しやすい冬の寒い季節、次に真夏の暑い季節といわれています。暑い季節に症状が悪くなるのは、発汗による脱水症状や冷房による冷えの影響で血流が悪化するためと考えられます。

 脊柱管狭窄症は、ゆっくりと進行していきます。歩いているときだけではなく、立っているだけ、あおむけに寝ているだけでも、痛みやしびれがひどくなります。腰を反らすと痛みが悪化し、前かがみになったり、イスに腰かけたり、横向きになって体を丸めて寝たりすると、痛みは軽くなります。背中を後ろに反らすと脊柱管がさらに狭くなって神経への圧迫が強まり、腰を丸めると脊柱管が広がって圧迫が緩むためです。

 ただし、神経が圧迫されれば、前かがみの姿勢でも痛みやしびれが出ることもあります。そのようなときは、痛みが出る姿勢や動作をさけるようにしましょう。

 脊柱管狭窄症がさらに進行すると、足の感覚が鈍くなる感覚障害や、足の筋力が低下する運動マヒが見られるようになります。また、まれに膀胱や直腸の機能や感覚に関係する神経に障害が起こるケースもあります。排尿や排便がうまくコントロールできなくなったり、肛門の周辺にしびれや灼熱感を覚えたりするようになるのです。

脊柱管狭窄症で長期間神経が圧迫されると手術でもしびれ・痛みが改善しない場合もある

腰部脊柱管狭窄症の腰椎部の状態

 脊柱管狭窄症で膀胱・直腸の機能障害や、重度の筋力低下などが見られる場合は、最終的な治療法として、手術療法が検討されます。手術療法には、狭窄した脊柱管を部分的に取り除く開窓術や、全部取り除く椎弓切除術、チタン製のインプラントで腰椎を補強する脊椎固定術などがあります。

 手術療法のメリットは、狭くなった脊柱管を広げることで神経の圧迫を取り除き、根本的な原因の解消が期待できる点です。しかし、デメリットとして、感染症などの合併症に加え、術後に足腰の痛みやしびれなどの症状が残ることも珍しくなく、1~2年後に再発するおそれがある点が挙げられます。特にひざから足先にかけてのしびれは完治しにくく、長期間にわたって神経が圧迫を受けてきた場合、症状は軽減するものの、手術を受けた患者さんでもしびれが残るケースもあります。

 足腰の痛みやしびれが改善しない過去の症例を見てみると、治療に来られる5~15年前に発病したと考えられるケースがあります。脊柱管狭窄症を発症していても本人は気づかず、70歳くらいになって、より進行した状態で初めて自覚することが多いのです。

 では、なぜ手術によって根本的な原因が解消したにもかかわらず、足腰の痛みやしびれが残ったり、再発したりしてしまうのでしょうか。私は、その最大のカギを握るのが血流だと考えています。

 血管は、血液を体に行き届かせるための通路となる管で、全身に酸素や栄養、老廃物、水分、体熱などを運んでいます。人間の血管は、心臓から出る血液を送る動脈と、心臓に戻る血液を送る静脈、それぞれの末端(細動脈と細静脈)をつなぐ毛細血管からできています。毛細血管は、太さが5~20㍃㍍(1㍃㍍は1000分の1㍉㍍)ほどの細い血管で、体じゅうの血管の約90%以上を占め、総延長は10万㌔㍍を超えるといわれています。

 脊柱管狭窄症は、脊椎の狭窄部分の血流が時間の経過とともに乏しくなり、神経が酸素や栄養不足に陥ってやせ細ることで発症します。そのため、脊柱管狭窄症の症状を軽減するには、足腰の痛みやしびれの原因となっている神経に酸素や栄養を届ける、毛細血管の血流を改善することが非常に重要なのです。

毛細血管の血流を改善する「栄養補給」「温活」「筋トレ」で脊柱管狭窄症を撃退

筋力をアップして血流を改善する「吉松式ストレッチ体操」

 毛細血管の血流を改善するために、私がおすすめしているのが「栄養補給」「温活」「筋トレ(筋力トレーニング)」の3つです。それぞれのポイントをご紹介しましょう。

 人間の体は、体外から摂取した栄養を原料として、消化・吸収・代謝することによって必要なものを作り出しています。脊柱管狭窄症と深くかかわる骨や軟骨、椎間板、靭帯なども例外ではありません。私は、脊柱管狭窄症をはじめ、ロコモの予防・改善に、軟骨を構成する成分であるコンドロイチンの摂取をおすすめしています。

 コンドロイチンには、血液中のコレステロールや過酸化脂質(活性酸素によって酸化した脂質)を取り除く効果があり、血流改善にも効果的です。しかし、コンドロイチンは、加齢とともに体内での生産量が減少し、40代以降はほとんど自力で作り出すことができないといわれています。コンドロイチンが不足すると、関節痛や腰痛の原因にもなるため、体外からの補給が必要になるのです。

 また、血液をサラサラにする効果が期待できる食材もおすすめです。例えば、納豆のネバネバ成分である「ナットウキナーゼ」という酵素には血栓(血液の塊)を溶かす働きがあります。そのほか、お酢や梅干しなどに含まれるクエン酸、イワシやサバ、サンマなどの青魚に含まれるDHA・EPAといった脂肪酸には、血管の弾力性や赤血球の柔軟性を高める働きがあります。

 次に、体を温める温活に関してですが、「冷えは万病のもと」といわれるように、体温が私たちの健康に大きな影響を及ぼすことは周知のとおりです。温活で私がおすすめしているのが、全身浴です。

 肩までしっかりとお湯につかる全身浴は、高い水圧が体にかかるため、血管も圧迫されます。その結果、心臓に出入りする血流量が増えるのです。40度Cくらいのぬるめのお湯に、20分程度つかるようにしましょう。

 ただし、入浴の効果は一時的なものです。私は、日常的に温活に取り組みたいと希望する患者さんに「温圧チップ」という医療機器をおすすめしています。温圧チップは、貼るだけで患部周辺の血流を改善する効果が期待できるため、多くの患者さんに愛用されています。

 最後に、血流改善のかなめともいえるのが、筋トレです。筋トレを習慣的に行うことで筋肉量が増えれば、基礎代謝や基礎体温も向上して、全身の血流が改善するのです。

 臨床医としての経験上、脊柱管狭窄症では、ひざから下のしびれを改善することは非常に困難といわざるをえませんでした。ところが、私が開発にたずさわった特殊なゴムバンドを脊柱管狭窄症のリハビリに取り入れて下肢の筋トレを実践してもらったところ、ひざから下のしびれが軽減した患者さんが何人も現れたのです。それ以来、下肢の筋力を鍛えることの重要性を痛感しています。

「脊柱管狭窄症は命を取られる病気ではない」といわれることがあります。しかし、実際に脊柱管狭窄症を患ったことがある者として、足腰の痛みやしびれは想像以上につらいものです。今回ご紹介した脊柱管狭窄症の撃退法の中で、日常生活に取り入れられるものから実践し、あきらめずに根気よく治療に取り組むようにしてください。