ジュンサイは強い抗酸化成分で生活習慣病を改善し美容効果も高いヘルシー食材と判明

秋田県総合食品研究センター食品機能グループ上席研究員
畠 恵司

豊富なポリフェノールの含有量に着目し研究開始

葉を覆う独特のぬめりが特徴のジュンサイ

 良質な水に恵まれ、コメの生産量が新潟県、北海道に次いで全国3位を誇る秋田県。コメのほかにも日本酒、ハタハタ、いぶりがっこなど、さまざまな特産品がありますが、その中の1つがジュンサイです。秋田県山本郡にある三種町は、ジュンサイの日本一の産地として知られています。

 ジュンサイは、淡水に生息するハゴロモモ科(別名ジュンサイ科)の多年生の水生植物で、水がはぐくむ夏の風物詩として古くから食されていました。かつては日本全国に分布していましたが、現在では4都県で絶滅。21県で絶滅または準絶滅危惧種に指定されており、現在では、日本料理の高級食材として珍重されています。 

 秋田県総合食品研究センターでは、1995年から秋田県産の食材の機能性に関する研究を行ってきました。その中で、ジュンサイに強い抗酸化作用があることが確認されたのです。

 その後も研究を重ね、抗酸化成分の正体がポリフェノールであることを突き止めました。この発見をきっかけに、ジュンサイに秘められた機能性はほかにもあるのではないかと考えました。

 マウスを使った実験と人間を対象とした試験を行い、ジュンサイの新たな機能性を探索した結果、生活習慣病を予防・改善する効果だけでなく、美容効果もあることがわかってきました。

脂肪の蓄積を防ぎ肌のシワやたるみも抑制

ジュンサイ乾燥粉末を摂取した群では超悪玉コレステロールの大きさと濃度の改善が認められた

 私たちの研究チームは、近年増加傾向にある生活習慣病を対象に、脂質異常症の改善作用や内臓脂肪の蓄積抑制作用について調べました。マウスを使った実験では、2週間にわたってジュンサイ抽出物を含む市販の高脂肪食を与えた群と、高脂肪食のみを与えた群を比較。ジュンサイ抽出物を含む高脂肪食を与えたマウス群には有意な改善が見られました。

 内臓組織の重量を測定した結果、ジュンサイ抽出物を含む高脂肪食を与えられたマウス群では、マウスの肝臓ならびに腸管膜周囲にある脂肪の重量が有意に減少していました。この結果は、ジュンサイが内臓脂肪蓄積を抑制したことを示しています。また、同時に採取した血液を調べたところ、肝臓から分泌される中性脂肪とコレステロールの量が減少しており、マウスの肝臓における脂質の再合成を抑制することも示唆されました。

 人間を対象とした試験では、腹囲90㌢以上のメタボリックシンドロームの傾向がある健常男性12名を、ジュンサイ乾燥粉末摂取群8名と、非摂取群4名に分け、比較試験を実施しました。ジュンサイを加熱・乾燥した加工粉末を含有するサプリメントを作製し、摂取群には1日あたり2.5㌘相当のジュンサイ乾燥粉末を10週間継続摂取してもらいました。評価項目には、一般的な健康診断で用いられる身長・体重などのほかに、動脈硬化罹患リスクと相関性が高い、血中小型LDLコレステロール(超悪玉コレステロール)濃度を測定しました。

 その結果、非摂取群では特に変化はありませんでしたが、ジュンサイ乾燥粉末を摂取した群では、超悪玉コレステロールと呼ばれる小型LDLコレステロール濃度の改善が認められました。超悪玉コレステロールは、血管内皮に取り込まれて酸化変性しやすく、動脈硬化の原因になると考えられています。これらの結果から、ジュンサイには心筋梗塞や脳梗塞につながる動脈硬化を予防・改善する効果が期待できます。

 さらに、ジュンサイはカロリーが低く、美容にもいいヘルシー食材として認知度を上げつつあります。実際の研究でも、ジュンサイには美容効果があるという結果が出ています。私たちと共同で研究を進めているオリザ油化(愛知県一宮市)の研究結果では、ジュンサイから新規成分が見つかり、ジュンサイの名前にちなんでジュンサイノサイドAと名づけられました。ジュンサイノサイドAには、新たな機能性として、コラーゲンやエラスチンを分解する酵素を抑制することによって皮膚のシワやたるみを抑えるという作用があることが判明しました。

 また、腸内環境を整えて悪玉菌が生成する臭気を減らす作用や、皮下脂肪の蓄積を抑制する作用も認められました。ジュンサイエキスを摂取した女性では、お尻の皮膚表面のデコボコしたセルライトという脂肪の塊の改善が見られています。

 多岐にわたる機能性を持つジュンサイは健康食品をはじめ、化粧品などにも利用されています。ジュンサイエキスは健康食品などで手軽にとることができます。ジュンサイを健康維持や美容に役立ててみてください。