慢性腎臓病になると造血力・造骨力が弱くなり貧血・骨粗鬆症を招いて生活の質低下

JCHOうつのみや病院院長/自治医科大学名誉教授
草野英二

腎機能が衰えるとミネラルやホルモンのバランスがくずれ貧血・骨粗鬆症を発症

[くさの・えいじ]

1949年、福島県生まれ。1974年、東北大学医学部卒業後、北里大学で研修。1976年、自治医科大学に赴任後、1981年から2年間、米国に留学。1987年、自治医科大学腎臓内科講師を経て、1993年、同大学助教授。2002年、同大学教授。2015年から名誉教授。日本腎臓リハビリテーション学会監事、栃木県透析会理事を務める。

 腎臓には、血液をろ過して老廃物を除去するだけでなく、一度ろ過された水分から必要なものを再吸収する働きもあります。老化と深いかかわりのあるリンも、不足している場合は再吸収されます。

 さらに、腎臓は尿の排泄をコントロールして、体内の水分量を一定に保ち、体を弱アルカリ性の状態に維持しています。ほかにも、血圧を調節する「レニン」や赤血球を造る「エリスロポエチン」というホルモンを分泌したり、骨形成に密接に関係する「ビタミンD」を活性化したりするなど、腎臓は多くの働きを担っているのです。

 慢性腎臓病(CKD)が進行して腎臓の働きが不十分になると、腎性貧血や骨粗鬆症、高血圧、動脈の石灰化など、恐ろしい合併症を招きます。

 さまざまな腎臓の働きを紹介しながら、慢性腎臓病によって引き起こされる合併症について解説しましょう。

● 造血ホルモンの分泌
 腎臓が分泌するエリスロポエチンは〝造血ホルモン〟とも呼ばれ、赤血球を造る働きがあります。赤血球は血液を構成する成分の1つで、全身に酸素を送り届ける働きを担っています。

 慢性腎臓病によってエリスロポエチンを造る機能が低下すると、酸素がさまざまな臓器に届かなくなり、貧血が起こります。腎機能の低下で起こる貧血を、腎性貧血といいます。

 腎性貧血で全身の臓器や筋肉が酸素不足になると、酸素を送ろうとして心臓が血圧を高めてしまいます。高血圧の状態が続くと、細い血管の集合体である腎臓に負担がかかって、さらに機能が低下するという悪循環が生じ、やがて動脈硬化(血管の老化)を引き起こします。

血液は主に骨髄で作られるが、腎臓の機能が低下すると、赤血球を作る働きがあるエリスロポエチンというホルモンが減少。骨髄への刺激が弱くなって、赤血球が作られにくくなる。その結果、全身の細胞が酸素不足になり、貧血を引き起こしやすくなる

● カルシウムの調整
 慢性腎臓病の合併症の1つに、骨粗鬆症が挙げられます。腎臓は、体内のカルシウムやリンを調整する働きがあります。慢性腎臓病が進行すると、ミネラルの調節機能が働かなくなる「慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD‐MBD)」が起こります。

 血液中のカルシウムは、常に一定になるように副甲状腺によって調節されています。副甲状腺は、カルシウムが不足すると副甲状腺ホルモン(PTH)を分泌し、骨に貯蔵されているカルシウムを血液中に送り出します。

 さらに、副甲状腺ホルモンは、腎臓に働きかけて活性型ビタミンDの産生も促します。ビタミンDは、腎臓や肝臓で酵素の働きを受けることで活性型ビタミンDになり、小腸からのカルシウムの吸収を促進します。

 ところが、慢性腎臓病が進行して腎機能が低下すると、活性型ビタミンDの産生量が減り、小腸でのカルシウムの吸収率が低下して血液中のカルシウム濃度も下がってしまいます。さらに、慢性腎臓病になると、リンを尿中に排泄する能力が落ちて、血液中のリンの濃度が上昇します。カルシウムとリンはシーソーのような関係で、リンの濃度が上がればカルシウム濃度が下がってしまうのです。

 副甲状腺が血液中のカルシウム不足を察知すると、不足を補おうとして大量の副甲状腺ホルモンを分泌します。すると、骨からカルシウムがどんどん溶け出す「二次性副甲状腺機能亢進症」を発症。進行すると、骨がもろくなって折れやすくなる、骨粗鬆症を引き起こします。

リンの蓄積によって血管に石灰化が起こると動脈硬化が進行し脳卒中・心臓病を招く

● リンの調整
 腎臓にある老化抑制遺伝子「クロトー遺伝子」によって生み出されるホルモンが、リンの排泄と密接な関係があるとわかっています。慢性腎臓病で腎機能が低下すると、リンは血液中にとどまります。先述したミネラルの代謝異常が重なり、血液中のカルシウムとリンの濃度が上がって全身の血管に付着するようになります。

 カルシウムとリンが付着すると、血管がガチガチに硬くなる石灰化を引き起こすようになります。石灰化した血管では、動脈硬化が起こりやすいことがわかっています。慢性腎臓病の患者さんに心臓病や脳卒中が多いのは、血管の石灰化が深くかかわっていると考えられます。

福岡県久山町で行われた健康調査の結果。慢性腎臓病の患者さんは、健康な人より約3倍も心血管疾患になりやすいとわかった

 リンの蓄積は、腎不全になる前の早い段階(ステージG2~G3)から始まっています。九州大学の研究グループは、福岡県久山町の住民の健康調査で、慢性腎臓病の患者さんは心血管疾患(心臓や血管など循環器系に起こる病気)の発症率が3倍になることを報告しています(「慢性腎臓病の有無で比較した心血管疾患の発症率」のグラフ参照)。

 別の研究では、人工透析を受けている患者さんを対象に、血液中のリン、カルシウム、副甲状腺ホルモン濃度と心血管疾患との関係を調べています。その結果、ミネラルの中でも、リンの濃度が最も死亡リスクと関連することがわかっています。

 慢性腎臓病は、早期の段階から食事療法や薬物療法を行えば進行を遅らせることができます。寝たきりを招く骨粗鬆症や、生死にかかわる心臓病や脳卒中といった病気から免れるためにも、早期発見・早期治療に努めてください。